アートメイクの2回目はいつ頃行えばいいか

トピックス
スポンサーリンク

アートメイクを2回、3回と行う必要がある理由

アートメイクは1回目の治療後、しばらくしてから2回目、3回目の治療を行います。

多くの場合、2回目は1回目から1~3ヵ月後くらいに行います。個人差はありますが、1回目の施術が終わり、色落ちが始まってから1ヵ月後くらいに行うのが一般的です。
アートメイクは医療用の針を皮膚に刺すため、皮膚が傷ついています。傷ついた皮膚が回復する前に2回目を行うと、皮膚への負担が大きくなってしまいます。2回目の施術は、1回目の施術が治ってから約1ヵ月後に行うのが、肌トラブルを避け、色を定着させるために最適なタイミングです。
推奨される回数はクリニックによって異なりますが、最低でも2回の施術を受けることが推奨されています。クリニックによっては、2回以上の治療セットしか受け付けていないところもあります。

人体の機能が色素を排除するため

人間の体には、体内に入ろうとする異物を排除する機能が備わっています。1回目の治療で注入された色素は異物とみなされ、この機能によって排除される傾向があります。
2回目以降の治療の場合は、すでに過去に一度体内に入っている物質なので、初回ほど簡単には排除されません。

そのため複数回の治療で、排出された色素を補うことができます。

色を定着させるため

アートメイクは表皮層のみに色素を入れます。タトゥーの場合は、表皮層よりも深い真皮層に色素を注入するので、半永久的に色素が残りますが、アートメイクの場合は、肌のターンオーバーによって徐々に色が抜けていきます。

この肌のターンオーバーによって徐々に色が抜けていくため、1回の施術では表皮層に色が定着しません。複数回の施術を行い、色素の定着を促す必要があります。ただし、1回目の傷口が治りきっていない状態で施術を行うと、色素がうまく定着しません。傷が治ってから、且つ一定期間待ったほうが、色素が皮膚にとどまることができます。

デザインの微調整を行い、理想の仕上がりにするため

複数回施術を行う目的のひとつは、1回目でベースを作り、2回目、3回目でデザインの微調整を行うためです。

皮膚に注入された色素は、人体の排除機能や肌のターンオーバーによって除去されますが、その色の抜け方には個人差があります。初回にある程度色が出ると思って濃い色を入れたのに、思ったように色が出なかった場合、思ったような仕上がりにはなりません。

アートメイクの色素は時間が経つと薄くなっていきますが、消したくてもすぐに消すことはできません。どうしてもすぐに消したい場合は、除去手術を受けることになりますが、費用がかかる上に、肌に大きなダメージを与えてしまう可能性があります。

一人ひとりの色の抜け方、残り方を観察しながら段階を踏んでいくことで、失敗を防ぎ、理想のデザインを追求することができるます。

変色や色落ちが起こるため

現在のアートメイクは変色しにくい顔料(インク)を使用しており、昔のように大きく変色するケースは少ないですが、色落ちの過程で変色して見えるケースや、まれに変色するケースもあります。

変色した場合でも、2回目以降の施術で残った色を補色することで色調を調整し、きれいな色に仕上げることが可能です。

アートメイクは1回だけでいいのか

アートメイクは1回だけではだめということはありません。

ただし、1回だけでは色が定着せず、色落ちしてしまうケースも多いので、複数回塗った方がより自然な仕上がりになります。基本的に、アートメイクは1回では完成しません。アートメイクの持ちが1~3年というのは、複数回施術した場合です。

アートメイクの2回目以降、メニューの変更・修正をしても大丈夫でしょうか?

1回目のアートメイクの仕上がりが理想と違っていて、修正やメニュー変更を考えている方もいらっしゃるかと思います。

仕上がりに満足できない場合や、失敗したかもしれないと思う場合は、2回目の施術を受ける前に施術したクリニックに相談しましょう。元のクリニックで別の施術を受けることに抵抗がある場合は、他のクリニックで相談するのも一つの方法です。

また、アートメイクの施術には様々な技術があり、クリニックによってはメニューを変更できる場合もあります。

 

アートメイクのおすすめクリニックランキング
GLOWクリニック

症例数8,000件超えの豊富な実績×自然に見える理想の眉を提供
「一生付き合っていけるアートメイク」がコンセプト。独自技術の『3G BrowsTM』を採用し、痛みや負担が少ないデジタルマシンによる施術を取り入れているため、手彫りだけの施術よりも肌への負担が少なく、肌が弱い方、定着が良くない方、カラーを修正したい方におすすめです。
1本1本自然&立体的な仕上がりを目指すことができ、ナチュラル感があり、部分的なグラデーションなど立体的なデザインも可能です。

<施術>
手彫り・マシン彫りを融合
麻酔クリーム塗布あり

クレアージュ東京

施術実績10,000件以上!1、2回の施術で完了するクリニックが多い中、当院は3回の施術を基本としています。
「今」だけでなく、加齢や流行の変化にも違和感がないよう「この先」も考えたデザインのご提案をしています。
豊富な施術経験によって骨格や表情に合わせてデザインを再現します。
年数が経過し、入れた色が薄くなってきた際も良心的な金額設定にすることでリタッチのハードルを下げ、いつまでも素敵なアートメイクをキープしていただきたいと考えています。

湘南美容クリニック

CMでおなじみの全国にある大手美容クリニック。多数の実績があります。眉毛とヘアラインに特化したアートメイクで、2D(パウダーアイブロウ)、3D(毛並み)、4D(毛並み+パウダー)と自分に合った施術を選択することができます。特に、自然すぎる3D、4Dストロークは大人気。アートメイク先進国の韓国の「ロダムアートメイクアカデミー」の教育プログラムを終了した、確かな技術を持つ施術者が担当してくれます。

<施術>
手彫り・マシン彫り
麻酔クリームあり
<備考>
ノーメイクでも、気にせずに外出ができるようになる、4Dストローク眉は専門に開発された手彫りペンで眉を1本1本手で「描く」ことにより、まるで本物のように見せる技術。
アートヘアと植毛のコンビネーション治療もある。

ジェネラルクリニック

ジェネラルクリニックは六本木駅から徒歩1分の好立地です。アートメイクは眉やリップ、アイラインのアートメイクが行われています。
眉は手彫り毛並み、メイクしたような仕上がりになるパウダーブロー、手彫り毛並み+マシーンでのグラデーションの3つのメニューがあり、丁寧なカウンセリングで骨格、肌や髪の色に合わせたデザインのご提案っで、施術前に納得のいくカタチをとっているので安心です。

トピックス
スポンサーリンク
アートメイク大全
タイトルとURLをコピーしました