アートメイクを長持ちさせるためにピーリングに注意を

トピックス
スポンサーリンク

アートメイクは永遠に消えないものではない

ずっと美しい見た目を保てて、すっぴんでも大丈夫と言われるアートメイク。しかし、アートメイクは永遠に残るものではありません。刺青とは違って、アートメイクは時間が経つにつれて、徐々に薄まっていきます。

アートメイクを長持ちさせるために!

毎朝のアイメイクの時間を短縮できたり、眉を描かなくても理想的な眉の形状が維持できます。また運動時の汗や、温泉やプールに海へ行くときにも楽なことから、アートメイクは幅広い年代の女性に愛されている施術です。素顔の時でも常に整った理想の眉やアイラインが維持されるので、外出時にも大客の際にもアイメイクで慌てる必要がありません。良い状態を維持して肌も健やかにキープするために、施術を受けたら他の美容ケアにも気を付ける必要があります。

アートメイクの持続期間は2~3年

アートメイクは皮膚の浅い場所に施術するため、刺青のように肌に永久的に色素が残るようなことはありません。
生活習慣や体質などには個人差がりますが、アートメイクは約2~3年ほどで薄くなってきます。1~3年と言っているクリニックもあります。肌の状態、使用したインク、インクとの相性、アートメイクの入れ方などで変わってきます。

アートメイクが薄くなるのでピーリングは控えて

毎日洗顔をしていても肌の表面には汚れや古い角質が蓄積をしますが、手触りが気になるようならスペシャルケアも必要です。古い不要な角質除去を効率的にできるのがピーリングであり、配合成分により洗顔では落とせない、古い角質を一斉除去することができます。不要な汚れが無くなることで滞りがちだった皮膚の生まれ変わりが正常化して、ターンオーバーも順調になって美肌効果にもつながる方法です。普段なら平気な美容の施術であっても、皮膚の比較的浅い場所となる表皮に色素を入れていくアートメイクを受けている時は控えます。特に施術後の1週間程度は避けるべきであり、染料の定着を悪くさせてしまう要因です。

エステやピーリング効果のある化粧品に注意
アートメイクは皮膚の浅い場所に色素を入れます。そのため、ピーリング効果のあるエステや化粧品などを施術した箇所に使用すると、思っていたよりも早くアートメイクが薄まってしまうかもしれません。ほかにも、新陳代謝やターンオーバーを活性化させる化粧品やドリンクなどに注意しておくと良いでしょう。

引用元:アートメイクは薄くなる?持続期間と長持ちのポイントをご紹介

アートメイクをしたら、気をつけるべきこと

色素を入れていく施術に対して、皮膚の表面の不要なものを取り去る酸を使ったケアは、理想的な仕上がりから遠ざけてしまいます。アイラインや眉毛に直接塗布をしないとしても、ピーリングの成分が絶対に付着をしないとは限りません。ほんの少しでも成分が付いてしまうと、せっかく入れた色素が退色してしまいます。美容クリニックやエステサロンのメニューだけではなく、普段の美容ケアに使用できる、ピーリング石鹸やジェルも要注意です。医療機関ほどの強力な酸の成分ではないため、ドラッグストアやコスメショップで簡単に入手をすることができます。特に洗顔せっけんのタイプは毎日使用をするケースが多く、少量の配合成分であっても、色素を落とす大きな引き金になりかねません。

アートメイクの持続期間に影響を与える要素

  • 肌の状態
  • ターンオーバー周期
  • 使用したインク
  • 肌質とインクの相性
  • アートメイクの入れ方
  • アフターケアのやり方

アートメイクを長持ちさせる方法

  • 規則正しい生活習慣を過ごす
  • ピーリング、洗顔を過度にやらない
  • 肌へのダメージに注意

プロによるアートメイクの施術を受ける方法ですが、色素をしっかりと皮膚に定着をさせるため、2回から3回は施術を受けるのが一般的です。1回で完了をしないのは定着率がイマイチなので、すぐに色が薄くなったり満足いかない結果になることがあるためです。ほかの美容の施術に関しての制限もありますが、ピーリングは施術前後1週間はお休みをします。手彫りであれマシンの使用であっても、色を皮膚に入れるとその部位はしばらく腫れますし、一時的にいつもよりも色が濃くなるなど、いつもの肌状態に戻るまでには時間が必要です。

強い負担を皮膚は受けていますので、いつも以上に施術後は肌に優しさをもって接する必要があります。エステサロンや美容クリニックでの肌のメンテナンス、コスメでのケアも含めて、美容ケアが解禁されるまではひたすら我慢です。目元のメイクもすぐには出来ませんので、周りの視線が気になるようなら、帽子をかぶったりメガネを使うなどすることができます。

施術後にかさぶたが剥がれたら眉メイクもできるため、自然に剥がれるのを待ち肌が落ち着いたら、眉ペンシルで描き足せば大丈夫です。肌のがさつきや手触りが気になる人も、施術の1週間から10日ほどはピーリングを控えますが、落ち着いて来たらケアに取り入れて構いません。故意に眉やアイラインに酸の成分を塗布することなく、施術を打消えた部分は避けるようにします。

アートメイクが薄くなったときは

数回の施術で色素を入れていく中で、制限される美容ケアはいくつもありますが、色素がやがて定着をすることで、施術期間ほど神経質になる必要は無くなるため、一定期間の我慢と注意です。やがて色素は数年もすれば薄くなっていくため、メンテナンスとして色素を入れることで、綺麗なアートメイクを維持しやすくなります。

アートメイクは薄くなるので、しっかりとしたクリニックを選びましょう。

アートメイクのおすすめクリニックランキング
GLOWクリニック

症例数8,000件超えの豊富な実績×自然に見える理想の眉を提供
「一生付き合っていけるアートメイク」がコンセプト。独自技術の『3G BrowsTM』を採用し、痛みや負担が少ないデジタルマシンによる施術を取り入れているため、手彫りだけの施術よりも肌への負担が少なく、肌が弱い方、定着が良くない方、カラーを修正したい方におすすめです。
1本1本自然&立体的な仕上がりを目指すことができ、ナチュラル感があり、部分的なグラデーションなど立体的なデザインも可能です。

<施術>
手彫り・マシン彫りを融合
麻酔クリーム塗布あり

アートメイクギャラリー

眉、アイラインはもちろん、リップ、ホクロ、アイシャドウ、ヘアライン、乳頭など、施術可能部位が日本で最多に入るクリニックです。
施術部位ごとに世界的に著名なマスターからCertificateを取得したアーティストが所属しており、「国際的な技術」×「日本流の進化」をテーマに、累積4,000件以上の症例をベースとしています。
<施術>
1本1本丁寧な手彫り
麻酔クリーム塗布あり
<備考>
アーティストは世界各国のトップ講師の講習を受講し、最先端の技術をブレンドしたAMGオリジナルのアートメイクあり。国家資格をもつ医師・看護師が対応。

湘南美容クリニック

CMでおなじみの全国にある大手美容クリニック。多数の実績があります。眉毛とヘアラインに特化したアートメイクで、2D(パウダーアイブロウ)、3D(毛並み)、4D(毛並み+パウダー)と自分に合った施術を選択することができます。特に、自然すぎる3D、4Dストロークは大人気。アートメイク先進国の韓国の「ロダムアートメイクアカデミー」の教育プログラムを終了した、確かな技術を持つ施術者が担当してくれます。

<施術>
手彫り・マシン彫り
麻酔クリームあり
<備考>
ノーメイクでも、気にせずに外出ができるようになる、4Dストローク眉は専門に開発された手彫りペンで眉を1本1本手で「描く」ことにより、まるで本物のように見せる技術。
アートヘアと植毛のコンビネーション治療もある。

トピックス眉毛アートメイク
スポンサーリンク
アートメイク大全
タイトルとURLをコピーしました