アレルギー体質でも安全にアートメイクは行えるか。かぶれや湿疹が起きたりするの?

トピックス
スポンサーリンク

アートメイクでかぶれたりするのか?

近年注目されている美容施術の1つが「アートメイク」です。この施術は眉やアイラインなど皮膚の表皮部分だけにニードルを利用して色素を入れていき、肌を染色させるメイク術となります。通常眉やアイラインなどは化粧を行って描いているという方が大半ですが、このメイク術を行うと化粧をするよりも自然で、美しく仕上げることが出来るメリットがあります。ニードルを利用して皮膚を染色していくというと、主に刺青をイメージする方が非常に多いですが、このメイク術は痛みが少なく数年で色が薄くなっていく特徴があるので、誰でも気軽に行うことが出来るメリットがあります。今回はそのアートメイクがかぶれたり、湿疹が起きたりしないかについて調べました。

 

アートメイクの安全性とリスク

この施術の最大の特徴は、水に濡れたり汗をかいても色が落ちないことです。水泳や温泉に行く場合や、花粉症などで目をこすってしまった場合も色素が落ちる心配がないので、常に綺麗な眉やアイラインを維持することが出来るとして多くの女性に人気になっています。元々眉が薄くて悩んでいる方や、社会人の方などが朝のメイク時間を短縮したいと考えている方にとっても注目されているメイク方法です。アートメイクを行うことが出来る施設は専門クリニックが多いので、素顔の時に自然な仕上がりになるデザインや色を相談しながら決めていくことが出来るので、初めて施術を行う方も気軽に相談することが可能です。そんな施術でもアトピーがある方や、肌が敏感な方がアートメイク施術予定だと、かぶれたり、湿疹がでたりしないか不安ですよね。

アトピー性皮膚炎や金属アレルギーでもアートメイクはできる?

アトピー性皮膚炎や金属アレルギーを持っている方は、施術を受ける場合に使用する色素で肌トラブルが起こらないか心配に感じる方も多いです。アトピーやアレルギー症状を持っている方は、まず施術を始める前にパッチテストを受ける必要があります。パッチテストは髪で隠れている耳の後ろなど、通常は見えない部分に実際に色素を入れてみて48時間観察を行います。パッチテストを行って異常がなければ、問題なくメイク施術を受けることが出来るので、肌トラブルに悩んでいる方はまずは医療機関に相談をするようにしましょう。

先日いらしたお客様もアトピー性皮膚炎でした。お顔にも赤くかぶれがあり、眉の毛もほとんどありません。しかし、アイブロウペンシルで眉を書くともっとただれしまうため、書くこともままならない状態

引用元:アトピー性皮膚炎・敏感肌の方のアートメイク☆かぶれやすくてお化粧が出来ない・・・

このようなアイブロウメペンシルでもかぶれてしまう敏感な方でも、

アトピー性皮膚炎・敏感肌などで施術がご心配な方にはスキンテストを行うことができます。スキンテストとは施術で使用するすべての物でアレルギー反応が出ないかどうかを調べるものです。 このお客様もスキンテストを行い、その後1週間でなにもおこらなかったので施術することになりました。 結果、3回の施術も何も問題なく綺麗な美眉が完成

引用元:アトピー性皮膚炎・敏感肌の方のアートメイク☆かぶれやすくてお化粧が出来ない・・・


このような事例があるので、メイクでかぶれたり、湿疹が起きたり、薬を飲むくらいな敏感肌の方でも、メイクをしなくて済むアートメイクを前向きに検討するのもおおすすめです。

また、金属アレルギーのからも同様に

事前に皮膚科に相談して、金属アレルギーパッチテストを受けた上で、問題ないかを担当医に相談してみることをオススメ

引用元:アレルギーやアトピーでも大丈夫?アートメイク施術前の注意点【専門家監修】

また、施術に使用している色素は国内で許可を受けた染料が存在しないため、アメリカの政府機関で許可を得た染料を使用しています。染料の安全性をあらかじめ確認しておきたいという方は、利用するクリニックで使用されている染料がFDAから許可を受けているか確認することが大切です。このようにアートメイクはしっかりとパッチテストを行い問題がなければ、アレルギーやアトピーの症状がある方でも問題なく受けることが可能です。直接肌に行うメイク施術なのですから、安全性をきちんと確認した上で納得して施術を受けるようにすると安心して施術が可能となります。

麻酔や薬剤のアレルギーの場合

クリーム状の麻酔薬、アートメイク用の薬剤にアレルギー反応を起こしたことがある方は、かぶれる可能性があるので事前に医師に相談しましょう。

花粉症でもアートメイクできるの?

現在このメイク術が行える部分は決められており、眉毛やアイライン、リップラインや乳輪再建などがあり、メイクの短縮といった目的から乳がんの治療後のアフターケアとして利用することも可能なメイク施術となっています。ただ肌に直接ニードルを利用して色素を入れていく方法のため、敏感肌やアレルギー体質の方にとっては安全に施術を行うことが出来るのか不安に感じてしまう場合が多いです。特にアレルギー症状として多くの方が悩んでいるのが「花粉症」です。花粉症が発症している場合はリップや眉毛の施術は問題なく行うことができても、アイラインの施術を行うことができません。
花粉の成分自体が施術に影響を及ぼす心配はないので、症状の影響がない眉毛やリップは花粉症のシーズンでも問題なく行えます。しかし目元はアレルギー症状で擦ってしまう可能性が高いので、施術を行った後に目元を擦ると感染症の原因になる危険があるので、普段から目を擦る癖のある方や、花粉症の方は症状が収まってから施術を受けることが大切なのです。

アートメイク施術後で注意することは? 飲酒や日焼けは?

アートメイク後で、飲み会が入っている方もいるかと思います。そういった場合は飲酒を控えたほうが良いのでしょうか。

お酒は翌日以降から飲めますが、アルコールには血行をよくする作用があるため、腫れている箇所が余計に腫れたり赤くなったりすることがあります。腫れが引くまではくれぐれも飲み過ぎには注意し、様子を見ながら飲む量を調節してください。

引用元:施術前に知りたい!アートメイク後の制限事項はいつから解禁していいの?

腫れが目立ってしまうことがあります。なるべく飲酒は避けたほうがいいです。

また、紫外線よる日焼けにも注意は必須です。

インクの色褪せの原因の1つとなるのが「日焼け」。 アートメイクを受ける、2週間前からの日焼け対策が必要

引用元:アートメイク施術前の注意点と施術後のアフターケアについて

色褪せしてしまえば、せっかくのアートメイクが台無しとなります。日焼けにも注意です。きれいなアートメイクを保つため、日焼け止めや日傘などを駆使して、紫外線対策を行うことが大切です。

アートメイクのおすすめクリニックランキング
GLOWクリニック

症例数8,000件超えの豊富な実績×自然に見える理想の眉を提供
「一生付き合っていけるアートメイク」がコンセプト。独自技術の『3G BrowsTM』を採用し、痛みや負担が少ないデジタルマシンによる施術を取り入れているため、手彫りだけの施術よりも肌への負担が少なく、肌が弱い方、定着が良くない方、カラーを修正したい方におすすめです。
1本1本自然&立体的な仕上がりを目指すことができ、ナチュラル感があり、部分的なグラデーションなど立体的なデザインも可能です。

<施術>
手彫り・マシン彫りを融合
麻酔クリーム塗布あり

アートメイクギャラリー

眉、アイラインはもちろん、リップ、ホクロ、アイシャドウ、ヘアライン、乳頭など、施術可能部位が日本で最多に入るクリニックです。
施術部位ごとに世界的に著名なマスターからCertificateを取得したアーティストが所属しており、「国際的な技術」×「日本流の進化」をテーマに、累積4,000件以上の症例をベースとしています。
<施術>
1本1本丁寧な手彫り
麻酔クリーム塗布あり
<備考>
アーティストは世界各国のトップ講師の講習を受講し、最先端の技術をブレンドしたAMGオリジナルのアートメイクあり。国家資格をもつ医師・看護師が対応。

湘南美容クリニック

CMでおなじみの全国にある大手美容クリニック。多数の実績があります。眉毛とヘアラインに特化したアートメイクで、2D(パウダーアイブロウ)、3D(毛並み)、4D(毛並み+パウダー)と自分に合った施術を選択することができます。特に、自然すぎる3D、4Dストロークは大人気。アートメイク先進国の韓国の「ロダムアートメイクアカデミー」の教育プログラムを終了した、確かな技術を持つ施術者が担当してくれます。

<施術>
手彫り・マシン彫り
麻酔クリームあり
<備考>
ノーメイクでも、気にせずに外出ができるようになる、4Dストローク眉は専門に開発された手彫りペンで眉を1本1本手で「描く」ことにより、まるで本物のように見せる技術。
アートヘアと植毛のコンビネーション治療もある。

トピックス
スポンサーリンク
アートメイク大全
タイトルとURLをコピーしました