アートメイク大全

   

我慢できる痛み?アートメイクの痛みについて。

「アートメイク」という言葉を聞いたことがあるという人はそれほど多くは無いのかもしれません。女性の多くはすっぴんで外出する事に抵抗を感じています。ちょっとした買い物程度であれば、メイクをしなくても良いかもしれませんが、知っている人と会うかもしれないと思ってしまうと、ついついメイクをしてしまうものです。仕事をしている人はもちろん、そうではない人でもそれは同様です。
ちょっとしたメイクとは言っても、時間がない時には負担に感じられるものです。メイクに掛ける時間を節約する事が出来る、それがアートメイクです。アートメイクは眉毛・アイライン・リップラインに対して施術を受ける事が出来ます。

アートメイクの方法は機会を使用するかしないかによって若干の違いはありますが、基本的には専用の針を使用して施術部位に色素を入れるというものです。針を使いますので、痛みを伴います。この痛みの感じ方は人によって異なり、ゴムで弾かれたような痛みと表現されることが多いようです。皮膚の薄い部位の場合は我慢する事が出来ないほど強い痛みを感じる人も少なくはありません。
サロンなどで施術を受けた場合、耐える事が出来ないほどの痛みから、施術を中断する事もあります。そこで、痛みに弱い・痛くない施術を受けたいという場合には、麻酔を使用する事が出来る医療機関で施術を受ける事をおすすめします。医療機関であれば、麻酔を使用する事が出来ますので、施術中に痛いと感じる事はありませんし、安心して施術を受ける事が出来ます。なお、使用する麻酔の種類は、クリームやジェルなどを皮膚に塗布に痛覚を麻痺させる方法や注射で局所麻酔を使用するなどの方法があります。医療機関によって、使用する麻酔の種類は異なりますので、あらかじめ確認をすることをおすすめします。

アートメイクを受けてから元の状態に戻るまでの期間は個人差はありますが、約1週間と言われています。この期間や痛みや腫れ、出血などが見られることがあります。痛みや腫れが強く出たという場合には、保冷剤などを使用して施術部位を冷やすようにしましょう。施術直後の飲酒や激しい運動、入浴などの血行を良くするような行動は、腫れや痛み、出血の原因となる可能性がありますので控える必要があります。
アートメイクは皮膚に傷をつける行為ですので、回復するとともにかさぶたが出来ます。このかさぶたは自然に取れますので、気になるからと言って無理にはがさないようにしましょう。かさぶたが取れるまでの期間は3日から5日ほどです。かさぶたが取れるまでは想定よりも色が濃く感じられることが多いはずですが、かさぶたが取れる事によって色素は薄くなりますので、イメージ通りの色に近付きます。

また、リップラインの施術を受けた場合、熱いものや辛いものなどの刺激のある食べ物を食べる事で、腫れや痛みの原因となる事もありますので、施術から3日ほどは避けた方が無難です。
施術時の痛みについては、避ける事が出来ない物ですし、ダウンタイムも同様です。もちろん、我慢する事が出来るという人もいるでしょう。しかし、我慢してまで施術を受ける必要があるわけではありません。痛みを感じることなく施術を受ける方法がある以上、無理に我慢をすることはありませんので、医療機関で麻酔を使用しての施術をおすすめします。
注意する事があるとすれば、麻酔の効果はある程度続くという事です。施術部位にもよりますが、麻酔を使用する事でその部位の感覚がなくなりますので、飲食が難しい場合もあります。ダウンタイムの事も考え、施術を受ける時にはスケジュールを事前に考えておくようにすると良いでしょう。

アイライン , ダウンタイム , リップライン , 医療行為 , 痛み , 麻酔