アートメイク大全

   

憧れのほくろをアートメイクで作る!

昔と違って、今は世界的にも日本国内でもアートメイクは便利でイメージも悪くない普通のものとして認知されて来たのが実情です。
少し前だと、一部の尖った人のやることという誤解がありましたがすっかり変わり、美容のアイテム・手段として気軽にトライする人々が増えています。
アートメイクは、アイブロウやアイラインにもよく使われますが、人気の用途としての一つがほくろ作りです。
ほくろは意外にその人の顔の印象や、ひいては全体としての人としての印象をも左右する力が有ります。だからこそ敢えて取る人もいれば、少し前流行った韓国のオルチャンメイクで鼻の頭にちょこんと入れてたり、アートメイクまで行かなくても、アイライナーを使ったりしてほくろが有るかのように演出してかわいい顔にするメイク法が生まれたりします。

特に泣きぼくろは、ミステリアスな雰囲気の顔に仕上がりやすく、またセクシーな感じにも成りやすいので、人気の有るほくろの一つです。
日本の女優さんでも、泣きぼくろで有名な人が居ますが、彼女は寺山修司が愛した最後の女と言われており、ロマンを愛し詞や戯曲を書いていた伝説のマルチアーティストであった彼が惚れ込んだというのですから、やはり単なる顔の造形美やスタイルの良さでは物足りないほどに何か妖艶な魅力を持つ女性を求める感性を、泣きぼくろが刺激したということは十分に考えられます。
また口元のほくろも時にセクシーなイメージのほくろとして語られますが、人相学などで食い意地が張っているという見解を示すものがあったり、一生食べるに困らない運勢などとも言われますが、泣きぼくろに比べると食べ物を連想させることがどうしても多いので、それがイヤで避ける人も居ます。

その点、泣きぼくろは目元が色っぽくなるというプラスしかなく、下品とはとらえられないので、アンニュイな雰囲気作りやコケティッシュなイメージの人物になれてプラス面が大きいと言えます。
アイメイクがメイク全体の中でも重要視されるのは、人間の目がはじめに相手を認知する際見るのが目だからとも言われます。それくらい大きな要素である目元を美しい印象に整えるのは、出会う人から無意識的にでも魅力的に感じてもらえる可能性が高まるということになります。
昔であればほくろは作ることは不可能でしたが、今はせっかくアートメイクで作れるわけですし、費用も低くなってきているので、まずは相談からでもしてみると知らなかった自分の魅力や、隠れていた色気に出会えることもあり得ます。
人は長年自分の顔を見ている内に勝手に限界を頭の中で作ってしまう傾向があります。つまり本当はもっと魅力的になれる可能性が有るのに、多くの方は気付かないまま人生の時間が過ぎて行っているということです。

普通のお化粧でもそうですしヘアスタイルなどもそうですが、実際にやってみたらそこで初めて似合うと気づいたり視野が広まり、お洒落の幅を広げることが出来たり、自己評価が自然に高まるということは多くあります。
何もしなければそれらは起こらず、自己イメージも変わらないまま年と共に諦めのメンタルになって行ってしまう人も少なくありません。
泣きぼくろが似合うかどうかは、施術する方とよく話し合い決めて行けば、ベストの位置が分かりチャレンジしやすいです。
比較的似合わない人が少ない箇所でもあるので、自分を変えたい人やより恋愛面を充実させたい人、自己イメージをアップデートして従来の自分より自信を持ちたい人々にはおすすめです。
ほくろのアートメイクは小さなものですから、大きく変わりすぎて他人が驚いてしまうとかいうトラブルもほぼありません。取りたくなっても簡単に取れる小ささですから、トライしやすいです。

アイライン , 泣きぼくろ , 費用