医師免許が必要なの?必要な資格は?メディカルアートメイクについて

アートメイク

アートメイクという言葉になじみを持っている人はそう多くないかもしれませんが、現代では次第に浸透しつつあります。

最近ではテレビでも女優や芸人などの芸能人が施術を受けていると話題になることも増えてきました。

施術には医師免許が必要な医療アートメイクの特徴

アートメイクとは染料を付けた針を専用の器具で皮膚に刺し、眉やアイラインなどを描く施術のことであり、例えば毎日のメイクが面倒だと感じている人や、日常的にスポーツをして汗をかくことが多い人にとっては便利な方法だといえます。

皮膚に針で染料を入れるというと、刺青と何が違うのか疑問に感じる人も多いかもしれませんが、刺青の場合は一度施術を受けると一生消えないのに対して、アートメイクは決して一生ものではなく、個人差はあれど一般的には3~5年で消えてしまいます。

刺青とは違い、アートメイクは年月が経過で徐々に薄くなっていきます。これは染料を入れる皮膚の深さに違いがあるからです。

皮膚の構造は表皮と真皮の2枚からなっており、表皮は角質を含んだ表面の薄い皮のことを指し、より下層部にある深い部分のことを真皮と呼んでいます。

アートメイクは表皮から0.02もしくは0.03ミリの位置に着色していくのですが、表皮は新陳代謝を繰り返しており、古い角質がどんどんはがれ落ちていくことによって次第に色が薄くなっていきます。

それに対して刺青の場合は、表皮よりも深い真皮に色を入れていくため、年月の経過が影響することがなく、色が一生落ちることがありません。

このようにアートメイクは皮膚の薄い部分に施術を行っていくため、1回の施術では色が定着しにくいという特徴を持っています。

そのため、一定期間を設けた上で2~3回の施術を繰り返し、しっかりと色を定着させることが一般的です。

また、刺青は麻酔をせずに施術を行っていることがおおいのですが、アートメイクの場合は塗るタイプの麻酔をするという点も違います。

眉やアイラインに施術を行って色を入れると洗顔をしても消えることがないため、毎日のメイクの時間を短縮させることができると話題を集めています。

おすすめのアートメイククリニックランキング
GLOWクリニック

症例数8,000件超えの豊富な実績×自然に見える理想の眉を提供
「一生付き合っていけるアートメイク」がコンセプト。独自技術の『3G BrowsTM』を採用し、痛みや負担が少ないデジタルマシンによる施術を取り入れているため、手彫りだけの施術よりも肌への負担が少なく、肌が弱い方、定着が良くない方、カラーを修正したい方におすすめです。
1本1本自然&立体的な仕上がりを目指すことができ、ナチュラル感があり、部分的なグラデーションなど立体的なデザインも可能です。

<施術>
手彫り・マシン彫りを融合
麻酔クリーム塗布あり

アートメイクギャラリー

眉、アイラインはもちろん、リップ、ホクロ、アイシャドウ、ヘアライン、乳頭など、施術可能部位が日本で最多に入るクリニックです。
施術部位ごとに世界的に著名なマスターからCertificateを取得したアーティストが所属しており、「国際的な技術」×「日本流の進化」をテーマに、累積4,000件以上の症例をベースとしています。
<施術>
1本1本丁寧な手彫り
麻酔クリーム塗布あり
<備考>
アーティストは世界各国のトップ講師の講習を受講し、最先端の技術をブレンドしたAMGオリジナルのアートメイクあり。国家資格をもつ医師・看護師が対応。

湘南美容クリニック

CMでおなじみの全国にある大手美容クリニック。多数の実績があります。眉毛とヘアラインに特化したアートメイクで、2D(パウダーアイブロウ)、3D(毛並み)、4D(毛並み+パウダー)と自分に合った施術を選択することができます。特に、自然すぎる3D、4Dストロークは大人気。アートメイク先進国の韓国の「ロダムアートメイクアカデミー」の教育プログラムを終了した、確かな技術を持つ施術者が担当してくれます。

<施術>
手彫り・マシン彫り
麻酔クリームあり
<備考>
ノーメイクでも、気にせずに外出ができるようになる、4Dストローク眉は専門に開発された手彫りペンで眉を1本1本手で「描く」ことにより、まるで本物のように見せる技術。
アートヘアと植毛のコンビネーション治療もある。

アートメイク眉毛アートメイク
アートメイク大全
タイトルとURLをコピーしました