アートメイク大全

   

アートメイクは韓国の施術が注目されています

近年注目度も高まっていて耳にする事も多いのが「アートメイク」ですが、主に眉毛に施術をする事が人気となっています。この施術の特徴は皮膚に細い針を刺して色素を入れていくという方法で、水などで落ちにくく眉毛の形が整うというメリットがあります。

施術で使う針はニードルと呼ばれるタイプで、この場合は手作業で行いますので微妙な力加減を調整しやすく、よりナチュラルな仕上がりになるのが特徴です。その他機械彫りという方法があり、こちらはマシンが自動的に動く事で施術ができます。手掘りよりもしっかりと塗りつぶせるので、眉毛の仕上がりがくっきりする事が機械彫りのメリットです。

針を刺して施術をしますので場合によっては痛みがありますが比較的軽めですので、麻酔クリームなどの使用が主流となっています。痛みや腫れは個人差がありますが1〜3日程で無くなる事が多く、1週間程度でかさぶたになって取れる事でナチュラルな眉に完成します。

この施術は良くタトゥーと混同される事もありますが、大きく違う点として色素を入れていく深さが挙げられます。タトゥーは皮膚の真皮という深い層に色素を入れますが、アートメイクは表皮という1番表面の層に色素を入れるという部分が異なります。そのためタトゥーは色が落ちる事がありませんが、アートメイクの場合は徐々に落ちていくのが両者の違いでもあります。

このような特徴が見られますが、最近では美容大国でもある韓国で施術を受ける方が増加しています。韓国で施術をする理由としてまず挙げられるのが、料金の安さというメリットがあります。美容サロンなどが盛んな国という事で競争も激しく低価格化が進んでいる事に加えて、ウォン安という影響もありますので、日本の料金よりも3割以上安くなっているようです。

そして美容大国というノウハウが実現している技術力の高さも魅力の1つで、クオリティの高い施術が受けられるという事も人気の要因です。日本人の利用者を取り込んでいるサロンも多く見受けられ、完全日本語対応というサービスを提供する所もどんどん増加しています。旅行先としても高い人気を誇るのが韓国ですので、観光ついでにアートメイクをするというのも良いでしょう。

韓国のサロンを利用する流れとしては、おおむね日本のサロンと同様となっており、まずはメールやLINEなどで予約を行います。もちろん日本語のやり取りでOKなので、翻訳機能などを使う必要もありません。サロンを訪れて承諾書などの記入を済ませると、スタッフとのデザインの打ち合わせに入ります。眉の形やカラーリングなどを相談しながら決めていきますが、希望のイメージがある場合は写真や画像を用意しておくとスムーズになるでしょう。

施術の開始から完了するまでは大体1時間〜2時間程度が一般的で、眉が落ち着くまでの期間はワセリンや再生クリームを塗って保湿を行います。およそ半年〜1年以上は持つと言われていますので、状態を確認しながらメンテナンスしていくのをおすすめします。

アートメイクのメリットは様々な部分がありますが、大きなポイントとしてメイクの手間が省ける事が挙げられるでしょう。眉の形がしっかりと完成しますので、メイクが苦手な方でも手軽に眉毛を整えられますし、ノーメイクでも眉毛を描く手間がありません。

また眉毛の濃さや形に悩んでいる方でも理想の形に近づけられるので、メイクに関するストレスが軽減されるという点もメリットです。もちろん水に濡れても落ちにくいというメリットも大きく、汗や雨などのシーンでもメイク崩れが少なくなります。アートメイクは女性はもちろんですが、男性にも人気が高まっていますので、ますます目が離せない美容法と言えるでしょう。

アートメイク , 韓国