アートメイク大全

   

アートメイクは医師免許が必要なの?必要な資格は?

アートメイクという言葉になじみを持っている人はそう多くないかもしれませんが、現代では次第に浸透しつつあるといっても過言ではありません。染料を付けた針を専用の器具で皮膚に刺し、眉やアイラインなどを描く施術のことであり、例えば毎日のメイクが面倒だと感じている人や、日常的にスポーツをして汗をかくことが多い人にとっては便利な方法だといえます。皮膚に針で染料を入れるというと、刺青と何が違うのか疑問に感じる人も多いかもしれませんが、その違いを一言で表現すると、刺青の場合は一度施術を受けると一生消えないのに対して、アートメイクは決して一生ものではなく、個人差はあれど一般的には3~5年で消えてしまいます。

刺青とは異なり、なぜ年月が経過することによって消えるのかというと、染料を入れる皮膚の深さに違いがあるからだといえます。皮膚の構造は表皮と真皮の2枚からなっており、表皮は角質を含んだ表面の薄い皮のことを指し、より下層部にある深い部分のことを真皮と呼んでいるのです。アートメイクは表皮から0.02もしくは0.03ミリの位置に着色していくのですが、表皮は新陳代謝を繰り返しており、古い角質がどんどんはがれ落ちていくことによって次第に色が薄くなっていきます。それに対して刺青の場合は、表皮よりも深い真皮に色を入れていくため、年月の経過が影響することがなく、色が一生落ちることがありません。

このようにアートメイクは皮膚の薄い部分に施術を行っていくため、1回の施術では色が定着しにくいという特徴を持っています。そのため、一定期間を設けた上で2~3回の施術を繰り返し、しっかりと色を定着させることが一般的なのです。また、原則として刺青は麻酔をせずに施術を行っているのに対して、アートメイクの場合は塗るタイプの麻酔をするという点も両者の違いとして挙げられます。
眉やアイラインに施術を行って色を入れると洗顔をしても消えることがないため、毎日のメイクの時間を短縮させることができると話題を集めています。施術を行っているサロンは数多く存在していますが、費用が安いなどという理由だけで選んでしまうと、後悔することへとつながる可能性が考えられるのです。その理由として、施術を行っているサロンの中には、無免許で行為をしているところもあるからだといえます。

アートメイクは針を人体に刺し、色素を皮膚の下に入れるという医療行為であり、その施術を行うには医師免許が必要不可欠なのです。当然のことながら医師免許を持たない人間が施術を行ってはならないのですが、医師の指示を受けた看護師も施術可能者として含まれています。しかし、サロンの中には無免許で経営を行っているところも皆無というわけではないのが、残念ながら現実となっているのです。そのようなサロンで施術を受け、後々トラブルに見舞われるといったケースも実在しているようで、どのサロンを選ぶのかが重要だといえます。まずは自分が十分に理解しておくことが必要であり、そのサロンの施術者は医師免許を持っているのか、事前に確認する周到さも必要です。

また、海外は日本と比較すると安い費用で施術を受けることができるケースが多いため、わざわざ海外で受ける人も少なくないといっても過言ではありません。そのような場合にはより安全面に配慮する必要があるといえ、針を使用して皮膚に色を入れるのは医療行為だということをしっかりと理解しておくことが大切なのです。刺青とはことなり一生落ちないということはないものの、簡単には落とすことができないため、本当にその施術が必要なのか自分に問い、施術後に後悔しないようにしておくことも大切といえます。

アイライン , アートメイク , サロン , スポーツ , トラブル , 医療行為