アートメイク大全

   

アートメイクの期間と気をつけること

アートメイクは、刺青と同様な施術方法で皮膚に色を入れていくものです。但し、刺青よりも浅い位置で染色しているので刺青のように半永久的に色素が濃く残るということはありません。
人間の皮膚は約4週間毎のサイクルで新しい皮膚に生まれ変わります。アートメイクは皮膚の生まれ変わりの影響を受ける浅さに施されていることが殆どなので、徐々に色素が薄くなり個人差はありますが、一般的には施術から2,3年で薄くなると言われています。

そのため綺麗な色合いや形を保持していくのには、定期的なメンテナンスが必要となります。持続期間などは施術した所の技術や肌質にも左右されるので、アートメイクを行なう前にカウンセリング等を利用して確認しておいた方が良いと思われます。技術の差以外にも持続期間が極端に短くなる場合があります。それは肌の状態や体質等が大きく左右すると考えられています。

エステなどでピーリング効果の高いマッサージを受けたり、美容ドリンク等を摂取したりすると肌の代謝をアップさせてしまい消えやすい状態を作り出す可能性が高くなり、その結果持続期間がどんどんと短くなってしまうことがありうるので、長く持続させたいと思うのでしたら注意をして下さい。
アートメイクは、どんどんと薄くはなっていきますが自然に消えることはないのが特徴です。施術をした部分を完全に消したいと思った場合には、医療用レーザーを使用して除去するということも頭にいれておいて下さい。

アートメイクは、日々化粧をする時間の短縮や、化粧をしないで外にでられたり、顔全体の印象を綺麗に見せてくれたりという利点が多くあり利用する人も多くなってきていますが、このように数年後毎にメンテナンスをすることや完全に消えることはないという注意点も押さえておくことをお勧め致します。

施術で人気の高い部分は眉毛です。これは形を整えつつ左右のバランスを上手に調整するのにコツがいるので、毎日の化粧の中でも時間がかかり面倒だと実感している人も多くいる部分だからだと思います。手入れのし過ぎで眉毛が薄くなってしまい生えにくくなってしまうことさえもありえます。アイラインとともに化粧の中心となる部分なのでプロがひとり一人の顔の特徴を考えて最適なデザインをしてくれるのは非常に助かりますし、魅力です。ノーメイクでも外に出られるという利点も頷けますし、ナチュラルメイクに近い状態でキープできるのも眉毛が人気の高い要因だと言えます。このように眉毛はその人の顔のイメージに大きく影響を受ける箇所となるので、眉毛をデザインしてもらうことでより良い印象を与えられることもできます。

但し、眉毛はリタッチを考えて最初から濃い色を入れてしまうと不自然な仕上がりになる場合が多いのと、一度濃くしたものを薄くするには手間と費用がかかるので、なるべくベーシックでシンプルなデザインでしてもらうことが基本になりますので、事前にカウンセラーなどとよく相談された方がいいです。

最後にアートメイクを施すときに一番重要なのは、クリニック選びだと思います。選択するクリニックで失敗しないようにするには、初期費用や継続費用などの価格や施すのに要する時間と回数、営業時間が都合が良い時間なのか、そして自分の希望するメイクがしてもらえるのかなどをまず把握することから始めます。更にキャンペーンや割引の有無なども忘れずにチェックしておくと便利です。後は、無料カウンセリングやメールでの問合わせができるのか、親切で適切な受答えをしてくれるカウンセラーがいるかどうかもやはり確認した方がベストです。医療行為の一つとなりますので医師や看護師のいるクリニックで行なうことをお勧め致します。

アートメイク , カウンセリング , クリニック , デメリット , メリット , 眉毛 , 費用