アートメイク大全

   

アートメイクのダウンタイムについて

アートメイクでは皮膚の下を専用ニードルを使って染色します。化粧よりも自然で美しい仕上がりにできるため人気です。刺青とは異なり痛みが少なく、数年が経過すれば自然と色が消えます。鮮明に顔立ちを目立たせるのではなく、肌の状態や骨格などを考慮して自然な仕上がりにするという特徴が存在します。日頃のメイクのベースを作るために行われています。このメイクを行うと水で落ちないため海水浴やスポーツなどの場面で効果を発揮します。ごく短時間外出する場合でもメイクをしなくて済むので便利です。最近では医療補助技術としても利用されるようになりました。白斑などの色素異常部分に施術すれば、マイナス部分を隠すことができます。

アートメイクは若者から高齢者まで幅広い世代が行っています。アイラインにこのメイクを施せば、化粧をするのが難しい目の周辺部分までしっかりと色を入れることができます。簡単に目を大きく見せることができるので特に20代の女性に人気となっています。色素を入れる場所は皮膚の下0.01mmから0.03mmの位置です。皮下組織ではなく表皮と真皮の境目付近に入れることになります。刺青は皮下組織に入れるため消えることはありませんが、アートメイクは皮膚の浅い位置に入れるので時間が経過すれば消えます。表皮のごく浅い部分に入れた場合は1週間ほどで色が消えることになります。

アートメイクでは施術の際にニードルを使用するため痛みを伴います。痛みには個人差がありますが、一般的に眉毛を抜くのと同等の刺激とされます。基本的に眉や唇の腫れはありませんが、アイラインは全く腫れない場合と少し腫れる場合があります。サロンやクリニックによっては施術の際に麻酔を使用する場合もあります。麻酔を使用すれば無痛で施術を受けることが可能です。メイクの持続年数は一般的に2年から3年ほどとされます。長い場合には5年ほど持続することもあります。

ダウンタイムとは施術から回復するまでの期間のことです。アートメイクではニードルを使用して染色するため施術部位によって痛みや出血、腫れなどが起こります。施術後は一定のダウンタイムが必要とされます。一般的には1週間ほどのダウンタイムが必要と言われています。1週間ずっと腫れた状態が続くわけではありません。最初の数日が経過すると腫れは治まります。炎症が治まると施術部位が乾燥したような状態になってきます。肌に色素を入れるとダウンタイムの初期には色味が強いため違和感があるのが通常です。肌が新陳代謝するのに伴って色味は自然と落ち着いたものになります。炎症が強い時期は目立ちやすくなるので、大事な予定の直前に施術を受けるのは避けるのが賢明です。通常の状態に戻るまでの期間は施術の方法や部位、体質などによって違いがあります。

アートメイクには手彫りやマシン彫りなどの技術があります。実際の施術方法は体調や施術部位、クリニックの方針などによって違います。マシン彫りの機器は大きくアナログとデジタルに分類することができます。デジタルの場合は振動が少ないので肌へのダメージを抑えることが可能です。肌の負担が小さいほどダウンタイムの期間も短くなります。
一般的に施術後はクーリングが行われます。ただし腫れの具合には個人差が存在します。

強く腫れている場合は自宅でも保冷剤などを使用して冷却を行う必要があります。施術当日は飲酒や激しい運動、入浴を控えます。これらは腫れを強めるだけでなく出血の原因となるので注意が必要です。施術後数日間はシャワーを浴びるだけに留めるのが賢明です。
ダウンタイム中には施術箇所がかさぶたとなって剥がれます。かさぶたは自分で剥がさず自然に剥がれるのを待ちます。無理に剥がすと色素が定着せずに薄くなることがあるので注意が必要です。

アイライン , アートメイク , ダウンタイム , トラブル , マシン彫り , 手彫り , 痛み , 麻酔