アートメイク大全

   

アートメイクのアイシャドウなどの施術

日本だとアートメイクはアイブロウやアイライン、リップラインが一般的ですがチークやアイシャドウも行っているサロンもあります。ただ、流行や年を重ねていくことを考えながら行う必要があります。全てのパーツで言えることですがすっぴんで普段から過ごすことが多い時や、メイクが崩れやすい仕事などをしている時は大変便利な施術で、ゆっくりとメイクが出来ない子育て中や仕事が忙しい、マリンスポーツなどメイクが落ちやすい趣味がある時にもおすすめです。

自分の眉毛が少なく生えてこない人や眉を描くのが苦手な方はアイブロウが最適で、すっぴんでも眉だけは描いておきたいという場合にも向いてます。すっぴんでも美しい眉が仕上がっていて、メイクでもアートメイクをなぞるだけで毎日同じ左右阿智ショウの綺麗な眉を描けます。
睫毛が少なくてアイラインが上手に引けない、アイメイクが落ちやすいときはアイラインがよく、睫毛の間を埋めるため睫毛が多く見得て、目の際部分が常時埋まっている状態になりアイラインを引かなくても目元がはっきりと見えます。

リップは唇の色が悪い人や輪郭が曖昧な人向けで、あまり知られてませんが近年は行う人が増えています。アートメイクを行うサロンでは、大体2から3回ほど施術をする所が多く、回数制を採用している所もあります。色が定着するまでは個人差があって1回で色が綺麗に入る人や5回通ってもあまり入らない人もいます。
アイブロウは1回でも他の部位だと数回以上かかることもあるので、最初からコースを申し込むのも難しいところです。

痛みについては皮膚の薄いところに入れたりする部位が強かったり、麻酔を行うので痛みはそれほどなかったりします。これも個人差があって同じ人でもパーツによって異なり、眉だと痛くなくても他のパーツは激痛になることもあります。痛みに弱い場合は、途中で出来なくなる可能性もあるので予め確認した方が良いです。
アートメイクは肌のターンオーバーに寄って薄くなるため、個人によって1年ぐらいでもう一回受けなければいけないことも珍しくないです。範囲が狭くてブラックで入れるアイラインと比べて、ブラウンで広い範囲に入れるアイブロウやアイシャドウの方が薄くなる可能性は高いです。ずっと効果を求める時には数年ごとに施術を受ける必要です。

メイクの流行は常に変わっていくので、今の流行に合わせたデザインは避けた方がよくアイブロウだとイメージよりも細くてなだらかな角度で行い、細さやカーブも変更出来るデザインだと安心です。アイラインは跳ね上げたり、太く入れ過ぎるのは避けた方がよく、睫毛の間を埋める程度に細く短く入れます。目の形からかけ離れた位置に入れたりすると、何年間経過して後悔します。

すっぴんを考えると濃く入れるのは不自然になるので、メイクをした時に色をプラスすることを考えて薄くナチュラルで、メイクした状態だと物足りない程度の濃さや太さが望ましいです。
眉毛が無い状態になることがなくなり、自然と目の輪郭が強まったり、唇の色が良くなるのですっぴんの状態が良くなります。ちょっとした外出でも日焼け止めだけ塗って出かけることも出来ます。

例えば眉でも眉を描く時のガイドラインが既に出来ているので、他の部位でもメイク時間が短縮出来ます。ただ、すっぴんを自然な見た目にするには、薄く入れることが必須で眉やアイライン、リップメイクが不要になるわけでもないです。ファンデーションやアイシャドウでアートメイクの色も薄くなるため、上にメイクを行います。
必ずしもメイク崩れがなくなるわけではないですが、眉メイクが消えるとファンデーションも薄くなるので、その時ベースとして入れているメイクが活用出来ます。アイラインでも太めに引いたラインやハネなどはメイクアップなので消えますが、目の際が埋まっているので小粒な目になることは無くなります。

アイシャドウ , アイブロウ , アイライン , スポーツ , チーク , リップライン , 痛み , 眉毛 , 麻酔