アートメイク大全

   

アートメイクでアイライン!デザインはどうする?

顔の中でも特に大きな印象を与えるのは、目と眉です。この2つのメイクをどうするかで全体の雰囲気が変わるといってもいいでしょう。しかし、メイクのたびに美しいアイラインを入れることを面倒に感じている女性は多いでしょう。細かな部分に色を入れていくため時間がかかりますし、にじんだり、思っていたのと違う出来上がりになってしまったりすることも少なくありません。そこで、最近は目元にアートメイクを行う女性が増えています。アートメイクとは、特殊なニードルを使って皮膚の表層に色素を注入する特殊なメイクのことです。しかし、アートメイクにはさまざまなメリットがありますが、それだけではありません。施術する際には、いくつかあるデメリットや注意点も知っておくことが大切です。

アートメイクをする最も大きなメリットは、メイクをしなくても理想のアイラインが維持できるところでしょう。くっきりした目元が維持でき、素顔に自信が持てます。また、メイク時間が短縮できますので、朝の貴重な時間に余裕が出るでしょう。医療機関では皮膚に注入する色素は安全性が確立されたものを使用して施術しますので、腫れたり体に害を及ぼしたりする心配もありません。

しかし、アイラインが維持できるということは、メイクを変えることができないということでもあります。メイクは、そのときそのときで流行りがあるものです。流行に合わせてアイラインを変えてみたいと思っても、簡単には変えられないことはデメリットともいえるでしょう。ただし、アートメイクは永久に持続するものではなく、数年程度で薄くなります。とはいえ、完全に消滅するわけではなく、うっすら残ってしまうケースも多いことは知っておきましょう。薄く色が残ってしまった場合、コンシーラーやファンデーションでしっかり消してから描く必要があり、面倒になります。このように、後に中途半端な色が残るリスクがあることもデメリットといえるでしょう。

アイラインを入れる際に注意したいことは主に2つあります。その1つが、美容皮膚科などの医療機関で施術を受けるということです。美容室やエステサロンなどで施術していることがありますが、アートメイクは本来医療行為です。医療機関以外で行うことは違法行為に当たります。また、デリケートな目元に二ードルを刺して色を入れるためトラブルが起こるリスクは皆無ではありません。クリニックであれば、万が一トラブルが起きても適切な対処が受けられますが、サロンなどでは難しいでしょう。価格は高くなる傾向がありますが、施術を希望するなら医療機関を受診しましょう。

注意点の2つ目は、デザインはよく検討して決めるということです。医療機関では、まずは丁寧なカウンセリングを行います。このときに、どのようなラインを希望しているのかをしっかり話し合うことが大切です。既に述べた通り、一度施術すると数年間は同じラインとなります。テールを強調したメイクなど、あまりに個性的だったり流行を意識したものだったりすると、後々悔やむ可能性もありますので注意しましょう。できるだけナチュラルな濃さ、細さで入れるのがおすすめです。これなら、メイクの流行に合わせてある程度応用を利かせることもできるでしょう。

なかには、希望がしっかり伝わっていなくて、想定していたデザインと異なる仕上げにされたという失敗をするケースがあります。希望のデザインは、確実に伝わるように施術スタッフにしっかり話すようにしましょう。なお、施術は2~3回に分けて行うことが一般的です。1回目が終わった時点では薄い色が入っている状態ですので、デザインに不満があれば修正は可能です。遠慮せず伝えましょう。

アイライン , アートメイク , カウンセリング , デザイン , デメリット , トラブル , メリット , リスク