アートメイク大全

   

ぼかしたような自然な仕上がりの「眉毛のアートメイク」をしたいなら?

理想の眉毛を手に入れることができ、最長2から3年その品質をキープすることができる「眉のアートメイク」に興味をお持ちの方は多いのではないでしょうか。自分の眉毛の薄さや生え方、形などにコンプレックスをお持ちの方にとっては理想の形を手に入れることができることに加えて、さらに普段のメイクの時間短縮につながるという点からもその利用を検討する傾向にあるようです。ただし、高い評判を誇っているぜひともその利用をおすすめしたい本技術ではありますが、実は本技術はそもそも「医療行為」にあたります。そのため、安易にその詳細を理解することなく施術を受けて大失敗してしまったり取り返しのつかない後悔をされている方が存在する点には注意が必要です。そこで、その施術を考えている方はぜひともその詳細を理解し納得したうえで施術を受けるかをいまいちど検討しなおすことをおすすめします。
そもそもその存在に興味が持っている方であっても、「刺青」と本技術の違いを説明できるという方は少数なのではないでしょうか。実は、「アートメイク」と「刺青」は、肌に色素を入れていくという「医療行為」である点は共通です。ただ、そこには大きな違いが存在します。それは、色素を入れていく深さと、それゆえにその入れた色が肌に残り続けてくれる期間にあります。「アートメイク」の場合は皮膚の表面から0.02から0.03ミリの部分に色素を入れるのが一般的です。この数字を見ればわかる通りその色素は肌の生まれ変わり、いわゆるターンオーバーが活発な非常に肌の薄い部分に入れられているので、数年も経過すれば自然とその色素が抜け落ちてしまいます。それゆえに当然体質によるところも大きいですが早い人の場合1年半ほどで、長い人であっても3年も経てば色素はすべて抜けてしまいます。一方で「刺青」に関しては、みなさんよくご存知の通り「真皮」と呼ばれる肌の奥底までその色素を入れるため、ターンオーバーの影響は一切受けず永久にその色素は残り続けます。それゆえに「刺青」に比べると本技術は気軽に行える存在と言えるでしょう。
そんな「アートメイク」を施術する方法は大きく2つに分けられます。まず、代表的なものはシンプルに手でひたすら彫っていく「手彫り」です。その際にはその名の通り手作業で皮膚にひたすら色素を入れていくので濃度調整を非常に細かく行うことができ、ぼかしたような自然な仕上がりを目指すことができる点が本施術方法の最大のメリットです。ただし、当然時間もかかります。また、想像すればわかる通り非常に繊細な技術が必要とされる施術となるのでもう1つの施術方法に比べて値段が高い点には注意が必要です。一方でこの「手彫り」より気軽に利用できるのが「マシン彫り」です。「マシン彫り」はその名の通り機械を駆使してその施術を行ってもらう方法です。当然手彫りに比べるとかかる料金は少なく済むしさらにはかかる時間も短い点が大きな魅力と言えるでしょう。ただし、依頼したサロンの技量や採用しているマシンの性能によってその詳細は異なってくるので一概には言えませんが、機械的に一定の間隔で色素を入れていくことになるのでやや塗り絵のようなベトリとした仕上がりになってしまうことがある点には注意が必要です。なお、近年ではそんな品質面で優れた「手彫り」とコスト面で優れた「マシン彫り」を組み合わせて両方のメリットを享受できる「眉毛のアートメイク」を提供している店舗も存在します。ただし、施術方法はもちろんのこと施術者の技量によってもその仕上がりは変わってくるので、興味がある方はサロンで実例写真などを見せてもらいしっかりと納得したうえでその施術を受けるかを決めるようにしてください。

アイブロウ , マシン彫り , メリット , 刺青 , 医療行為 , 手彫り , 眉毛